トップ

敏感肌化粧品で保湿ケア

何もつけないケアから敏感肌化粧品へ

何もつけないケアから敏感肌化粧品で保湿

アトピー肌で敏感肌のため、自分の肌に合う化粧品がなかなか見つかりません。
良さそうだと思って試してみても、肌に合わなくて使えない化粧品ばかりが増えてしまいます。

自分の肌に合う化粧品を探すためにスキンケアを色々試すことは、アトピー肌には刺激になってしまいます。過剰なケアをすることは、アトピー肌には負担が大きいです。色々なスキンケアを試しているうちに、少しずつアトピーの状態も悪化してしまっているように思います。
そういう時には思い切って今やっているスキンケアをお休みするという方法もあります。

アトピーと一言で言っても、敏感肌タイプの人とアレルギータイプの人に分かれるそうです。
敏感肌タイプは肌のバリアが元々弱いため、ちょっとした刺激からアトピーが悪化しやすいです。この場合には過剰なスキンケアをお休みすることで、肌を回復させることが出来ます。

アレルギータイプは、特定の化学物質や食品、ハウスダストなどのアレルゲンに対してアレルギー反応が出てしまう人です。アレルギータイプの場合には、スキンケアをお休みするよりは自分に合う敏感肌化粧品でしっかりと保湿ケアをしてあげるほうが良いみたいですね。

私も色々使ううちに、何もつけないほうがいいのではないかと思って一度スキンケアをお休みしたこともあります。ですが乾燥で肌がつっぱって痒みも増してしまって大変なことになってしまいました。
アトピー肌の場合、角質内の多くを占めるセラミドが不足していることが多いです。セラミドで満たされていることで肌は弾力やハリを作り出すことができます。角質内に水分を留めておくことができないため乾燥しがちになってしまいます。

それはアトピー肌のバリア機能の低さにも原因があります。肌荒れを起こしやすく、肌荒れをしている時の肌というのは角質にすき間があり水分を逃がしやすい状態です。ですからデリケートな肌を守る為には、低刺激で保湿力のあるスキンケアをする必要があります。

そして水分を補うだけではなく、忘れてはいけないのが落とすケアのことです。アトピー肌の大きな負担になっているのがクレンジングや洗顔の使用です。間違った使い方をしていると、アトピー肌はどんどん乾燥してバリア機能も低下してしまいます。

アトピー肌の人は刺激に対して敏感ですし、乾燥肌の場合が多いです。低刺激で高保湿なスキンケアをすることが大切です。敏感肌化粧品はそんなアトピー肌に優しい化粧品です。過剰なスキンケアをすることを止めて、敏感肌化粧品を使って保湿重視のスキンケアをするということを私は選びました。

アレルギータイプの肌のスキンケアで大切なことは、アレルゲンの少ないスキンケアを選ぶということです。敏感肌化粧品はアレルゲンを徹底的に排除しているため、アトピー肌でも安心して使えます。肌荒れがひどい時はいつも使っている化粧品でも刺激に感じたりしますので、そういう時は天然水だけの何も入っていないような化粧水を選びます。

しっかり保湿をすることで、過剰なスキンケアで薄くなってしまった角質を元に戻していくことが大切です。保水をした後は、その水分が逃げていかないようにするために、バリア機能をサポートするためのクリームを塗ります。

敏感肌化粧品を使った保湿ケアは、落とす、保水する、油分でフタをするというシンプルケアです。肌の中の不足している保湿成分を足してあげることがアトピー肌には必要です。少しずつ肌の保水力を高めていくことで、刺激から守れる肌に、刺激から肌荒れを起こしにくい肌になれるんです。

Copyright © 何もつけないケアから敏感肌化粧品へ All rights reserved